歯周組織を再生します~重度の歯周病治療~

歯周組織を再生します~重度の歯周病治療~

歯を支える歯ぐきや顎の骨が破壊されていく歯周病をそのまま放置すると歯を失うことにつながります。重度の歯周病でも歯周組織を再生することで歯を保つことができるのをご存じでしょうか? 自由が丘駅より徒歩3分の歯医者「井原歯科クリニック」では歯周病専門医が再生療法を行い、高品質な歯周病治療を提供します。歯周病のお悩みはお早めにご相談ください。

重度の歯周病治療について

重度の歯周病治療について

初期段階の歯周病は歯と歯ぐきの溝に付着するプラーク(歯垢)や歯石を除去する基本治療を行ってプラークコントロールすれば治療可能です。しかし歯周組織が大きく破壊されてしまった重度の歯周病は再生療法が必要です。

重度歯周病とは

いかなる病気も重症度(病気の進行度)があるように歯周病においても軽度から重度までさまざまな状態があります。このなかでも、重度の歯周病の診断をされた場合は抜歯になることも少なくありません。現に日本人の歯の喪失原因の40%はこの重度歯周病によるものです。
この重度歯周病になっている多くの歯を、適切な診断かつ正確な治療技術で救うことができる理由は、日本でも数少ない日本歯周病学会専門医・日本臨床歯周病学会認定医による歯周組織再生療の治療オプションを提供できるからです。

重度歯周病とは

できるだけ歯を残す治療を歯周病専門医が提供します

できるだけ歯を残す治療を歯周病専門医が提供します

悪化してしまった歯周病の場合、他院では抜歯をすすめられることも多いかもしれません。しかし、当診療所の正確な診断、そして歯科用CTを用いた、より高度な診断技術で、多くの歯を残すことが可能です。そして当診療所に在籍する歯周病専門医による専門的かつ高度な治療技術で失った骨を再生・再建することで抜歯と宣告された歯を機能させることが可能です。また、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)や高倍率拡大鏡を用いることで、今まで、見落とされていたプラーク(細菌)、汚染物質を確実に除去することで高い治療成功率を維持しています。歯のまわりの骨が溶けてしまったからと言って、抜歯してインプラント治療をすることは簡単です。その前に行うべきこと、行える治療があるべきと考えてください。
みなさんの将来の歯の健康のためにも、できるかぎり歯を残す治療を行いますので、諦める前にご相談ください。

重度歯周病の自覚症状には下記のようなものがあります

重度歯周病の自覚症状には下記のようなものがあります

重度歯周病の自覚症状には下記のようなものがあります

  • 歯が浮いた感じがする
  • 歯がぐらぐらする
  • 痛くてかめない
  • 出血している
  • 膿の味がする
  • 口臭が強い

しかしこのような症状がでないことも多く、歯周病専門医の診断を受ける際には予想以上に歯周病が進行していることもあります。歯周病治療においては専門の医療機関で正確な診断・治療を受けることをお勧めしています。

重度歯周病を救うための治療方法(抜歯や悪化を回避するために)

歯周病により失った骨を回復する治療
骨移植

自分自身の口腔内から骨・血液を採取し、歯周病により失った骨欠損部位に移植することで失われた骨を再生・回復させる方法です。

骨移植

GTR法

重度の歯周病において歯ぐきを切開し、歯周病により失った骨欠損部位に、吸収性膜(メンブレン)という特殊な膜を設置することで、その欠損部位に血液をためることができ、歯周組織を回復します。
以前は吸収しない膜(メンブレン)を使用していましたが、現在は吸収するものを用いるため処置回数も減り、患者さんの負担も少なくなっています。

GTR法

エムドゲイン・リグロス

自家骨移植やGTR法を同じように歯周組織を再生させる治療の一つです。ゲル状の薬剤を歯周組織の再生させる部分に注入して再生スペースを確保する方法です。この薬剤のみで歯周組織を再生させる場合もありますが、自分の骨・血液や吸収性膜を併用して歯周組織を再生させる場合も多くあります。一定期間でジェルは体内に吸収されるので除去が不要です。

エムドゲイン・リグロス

歯周病により失った歯肉を再生・回復させる治療
結合組織移植(CTG:Connective Tissue Graft)

重度の歯周病によって歯ぐきが下がってしまった場合に行う処置です。
歯ぐきが退縮すると、歯が伸びたように見え、見た目が悪いだけでなく、むし歯になりやすかったり、冷たいものがしみたりしています(知覚過敏)。そこで上顎(口蓋)より採取した結合組織を、下がってしまった部分に移植することで見た目の改善と知覚過敏やむし歯の予防にも繋がる歯肉再生法の一つです。
歯根を覆う周囲の歯ぐきの厚みを確保します。歯周病ではなく、矯正治療後にも見受けられる歯肉退縮もこの方法で回復させることできます。また、矯正治療後に起こる歯肉退縮の予防目的に行うことも可能です。

結合組織移植(CTG:Connective Tissue Graft)

遊離歯肉移植(FGG:Fee Gingival Graft)

結合組織と同様に重度の歯周病によって下がってしまった歯ぐきに移植をして歯肉を再生・回復させる方法です。
FGGでは上顎の口蓋から結合組織だけでなく角化歯肉(コラーゲン繊維が多い硬い歯肉)を採取して、歯肉が足りない部位に移植します。
また、この遊離歯肉移植を用いることでインプラント周囲の組織(歯肉)も安定させることができ、インプラントの長期安定やプラークコントロールし易い口腔内環境を作ることができ衛生的な状態を維持することができます。

遊離歯肉移植(FGG:Fee Gingival Graft)

料金表

項目 料金(税抜)
自家骨移植 ¥50,000
GTR法 ¥50,000
エムドゲイン・リグロス ¥50,000
結合組織移植 ¥30,000
遊離歯肉移植 ¥20,000
上記、治療方法を組み合わせて重度歯周病治療を治療します。
歯周組織再生療法

エムドゲイン・リグロスなどの再生材料と自家骨あるいは人工骨を応用して歯周組織(歯根膜、セメント質、歯槽骨)を再生させる方法
¥160,000
歯周形成外科(根面被覆)

口蓋から採取した歯肉を用いて下がった歯茎を再生させる方法であり、エムドゲインと併用して行う
¥80,000