できるだけ痛みを抑えて治療します~むし歯治療~

できるだけ痛みを抑えて治療します~むし歯治療~

むし歯は、お口の中のむし歯の原因菌がプラーク(歯垢)を形成して歯に付着して、そこで糖分を分解して「酸」を出し、その「酸」が歯を溶かす病気です。とても身近な病気なので油断しがちですが、進行したむし歯は自然治癒しませんので、放っておくとどんどん悪化します。自由が丘駅より徒歩3分の歯医者「井原歯科クリニック」ではできるだけ痛みを抑えた治療を提供しますので、「しみる・痛む」などの気になる歯の症状がありましたら、お早めにご相談ください。

むし歯は静かに進行します

「しみる・痛む」を感じたらすでにむし歯は進行しています

「しみる・痛む」を感じたらすでにむし歯は進行しています

歯の表面は硬いエナメル質で覆われているので、ごく初期の段階では、「冷たい物がしみる」「歯が痛む」などの自覚症状は現れません。でもその間もむし歯は静かに進行しています。そのため自覚症状が現れたときには、すでに悪化していることが考えられます。むし歯は早期発見・早期治療ができれば比較的かんたんに済みます。しかし重度まで悪化させてしまうと、治療が複雑になり治療期間も長引きます。歯の健康がどんどん失われてしまいますので、なるべく早く治療することが大切です。

むし歯の進行段階とおもな治療について
進行段階 症状とおもな治療

CO:脱灰

CO:脱灰

症状
歯の表面のエナメル質の成分が溶け出し、白く濁って見える状態です。自覚症状はまだ現れません。
治療法
歯の汚れを落とすことが基本です。そのための歯みがき指導を行います。またフッ素塗布によって歯の再石灰化を促します。

C1:エナメル質のむし歯

C1:エナメル質のむし歯

症状
エナメル質がさらに溶かされ、黒ずんで見える状態です。まだ痛みはほとんどありません。
治療法
むし歯部分を除去してレジン(歯科用プラスチック)を詰めて補います。

C2:象牙質のむし歯

C2:象牙質のむし歯

症状
エナメル質の内側にある象牙質にまで汚染が進んだ状態です。「しみる・痛む」などの自覚症状が現れます。
治療法
むし歯部分を取り除き、インレー(詰め物)を装着して補います。

C3:神経のむし歯

C3:神経のむし歯

症状
象牙質の内側の歯の神経にまで汚染が進んだ状態です。何もしなくてもズキズキと激しく痛みます。
治療法
むし歯の原因菌に汚染された歯の神経や歯質を除去する「根管(こんかん)治療」を行ったあと被せ物をして歯の機能を補います。

C4:歯根のむし歯

C4:歯根のむし歯

症状
歯冠部分がほとんど溶かされた状態です。歯の神経が死んでしまうといったん痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。
治療法
ほとんどの場合、抜歯が選択されます。そして入れ歯治療・ブリッジ治療 またはインプラント治療を行い歯の機能を補います。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

できるだけ痛みを抑えた治療を
顕微鏡を用いた治療

顕微鏡を用いた治療

どんなに優れた人工歯でも、天然歯に勝るものはありません。だからこそ健康な歯質をできるだけ残し、抜歯を避けることが基本です。当院では、顕微鏡を用いて患部を拡大視して行う精密治療に努めています。それによってむし歯に汚染された部位をしっかり取り除いたうえ、健康な歯質をできるだけ残すような精密治療が可能になります。そしてそれが痛みを抑えた治療にもつながるのです。

表面麻酔の使用

表面麻酔の使用

治療中に痛みを感じないように麻酔注射をしますが、その「注射」の痛みが苦手な方がいらっしゃいます。歯ぐきに注射針を刺すときの「チクッ」とする痛みを抑えるために、当院ではまず表面麻酔を歯ぐきに塗ります。これによって注射の痛みが大きく軽減されるのです。

細い注射針の使用

細い注射針の使用

注射針は細ければ細いほど痛みが小さくなります。そのため当院で採用しているのは、現在歯科診療で使用できるもっとも細い注射針です。そして注射の痛みを軽減します。

知識と技術の活用

知識と技術の活用

痛みを抑えるために医学的見地からアプローチします。たとえば、痛みを感じやすい「痛点」を避け、表面から少しずつ深層部に進んでいきます。また少しテンション(ひっぱり)をかけながら注射するなどの工夫をして、痛みを抑えます。

実際の虫歯治療の様子

お子さまの歯のお悩みもご相談ください。

当院では小児歯科の相談も承っております。お子さまの歯のお悩みや、虫歯の予防方法についてもお気軽にご相談ください。