しっかりと咬める歯に~インプラント治療~

しっかりと咬める歯に~インプラント治療~

失ってしまった歯の機能回復の方法はおもに3つあります。それは「入れ歯治療」「ブリッジ治療」そして「インプラント治療」です。自由が丘駅より徒歩3分の歯医者「井原歯科クリニック」では、インプラント専修医がインプラント治療を提供します。インプラント治療とは、歯があった場所の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込んで、その上にセラミック製の被せ物や特殊な入れ歯などを装着して歯の機能を回復させる治療法です。

患者さん一人ひとりに合った、質の高いインプラント治療の提供のために

当院ならではのインプラント治療について

当院ならではのインプラント治療について

歯科医療の進歩にともない開発されたインプラント治療は比較的新しい治療法です。そして外科手術を必要とするので、安全な治療のためには精密な診断と綿密な治療計画が欠かせません。当院ではより安全に、そしてより安心していただけるインプラント治療の提供のためにさまざまな工夫をしています。

インプラント専修医による診療

インプラント専修医による診療

当院では、日本口腔インプラント学会の認定専修医がインプラント治療を行います。専門的な知識や経験が豊富なため、術後の痛みや腫れが少なく、患者さんへの負担を軽減した治療を提供します。また、難症例にも対応しているため、他院で骨が少なくインプラント手術を断られたとうい方も一度ご相談ください。
治療後はインプラントを長く使えるよう、天然歯と同じように必ずメインテナンスを行っていきます。

インプラント専修医とは?

  • インプラント専修医とは?
  • 日本口腔インプラント学会の認定専修医とは、インプラント治療についての豊富な知識と高い技術があると認められた歯科医師に与えられる資格です。日本口腔インプラント学会に2年以上在籍し、さらにさまざまな認定資格条件を満たして得られる認定です。

オペ室での診療

オペ室での診療

インプラントの埋入手術は衛生管理を徹底した個室のオペ室(手術室)で行います。患者さんのプライバシーにも配慮しますので、安心して治療に専念していただける環境です。

歯科用CTを活用した精密診断

歯科用CTを活用した精密診断

インプラント治療で大切なのは診断です。顎の骨や神経、血管の位置を正確に、そして詳細に把握できる歯科用CTの3次元立体画像を活用して、精密な診断を行います。詳細情報をもとにシミュレーションを行い、安全性の高い治療を提供します。

歯周病専門医としての知識や技術も活用

歯周病専門医としての知識や技術も活用

インプラント専修医であるとともに歯周病治療の専門医でもある院長が、その知識も活用し、必要に応じてインプラント埋入の前に歯周病の初期治療を行います。歯ぐきや顎の骨を整えてからインプラント治療をすることで、「インプラント周囲炎」のリスクを抑え、長くインプラントを使えるようにしていきます。また、インプラントの不具合を改善するインプラントリカバリー治療にも対応しています。

インプラント治療の流れ

こちらでは手術を2回行う「2回法」のインプラント治療の流れを中心にご紹介します。カウンセリングや精密検査、精密診断を行い、治療にご同意いただいたあと、必要に応じた歯や歯ぐきの治療を行います。そのあとのインプラント埋入手術からの流れです。

STEP1:一次手術
麻酔施術後、歯肉を切開し顎の骨を露出させ骨を削りインプラントを埋入します。そして傷口を縫合してインプラントが顎の骨としっかり結合するのを待ちます。治癒期間は治療部位や顎の状態により異なりますが、3~6ヶ月ほどです。
STEP2:二次手術
「2回法」の場合は、二次手術を行います。治癒期間を経てインプラントと顎の骨の結合を確認したあと、ふたたび歯肉を切開してインプラントと人工歯の連結部分(アバットメント)を装着します。
※「1回法」では一次手術の際にアバットメントまで装着します。
STEP3:仮歯装着
インプラントのアバットメントに仮の歯を装着して、咬み合わせを確認します。そのデータを人工歯に反映させます。
STEP4:人工歯装着
装着した仮歯で集めたデータをもとに、人工歯を作製し装着します。インプラント治療の終了です。
STEP5:メインテナンス
インプラントのまわりのケアを怠ると「インプラント周囲炎」を起こしてしまいます。長くインプラントを使用できるように、毎日のセルフケアとともに定期的な歯科医院でのメインテナンスを受けましょう。