f 歯周病専門医によるインプラント治療(インプラント周囲炎の予防)

歯周病専門医が行います~インプラント周囲炎の予防~

歯周病専門医が行います~インプラント周囲炎の予防~

失くした歯の顎部分に人工歯根(インプラント)を埋め込み、人工歯で補うインプラント治療を選ぶ人が近年とても増えています。インプラントはチタン製で、その上に装着する人工歯も特殊な入れ歯も「人工物」」ですので、むし歯の心配はありません。しかし毎日のセルフケアを怠ると、インプラントのまわりに汚れが付着して歯ぐきに歯周病に似たトラブルを起こしてしまいます。悪化させてしまうと、せっかく治療したインプラントを使い続けることができなくなってしまうのです。

自由が丘駅より徒歩3分の歯医者「井原歯科クリニック」では、インプラント治療後のメインテナンスに力を入れて、いつまでも使い続けていただけるようにサポートしています。

インプラント治療をしたら長持ちさせることが重要です

インプラント治療の前に歯周病を完治させることが長持ちのための大前提です

インプラント治療をするには、まず歯周病の治療を完治させることが大前提です。歯周病のままインプラントを埋め込んでも、インプラントが固定されずすぐに取れてしまいます。歯周病は再発してしまう病気のため、歯周病専門医のケアをしっかりと受けることが大切です。専門家の的確な治療を受け、元気な歯ぐきを取り戻してからインプラント治療を受けるようにしましょう。

インプラント周囲炎に注意しましょう

インプラント周囲炎とは、歯周炎に似た歯ぐきの感染症です。インプラントのまわりに汚れがたまると歯ぐきが炎症を起こし、インプラントと結合している顎の骨が破壊されていきます。やがて支えを失ったインプラントが使用できなくなるのです。いったんインプラント周囲炎を発症してしまうと、歯周病よりも進行が早いのでとくに注意が必要です。

インプラント周囲炎の原因

インプラント周囲炎の原因

口腔内で歯周病の原因菌が増殖すると歯ぐきの炎症を起こしやすくなります。とくにインプラントのまわりのケアを怠るとプラーク(歯垢)や歯石が付着してしまい、その中に含まれる細菌の影響で歯ぐきに炎症を起こしてしまうのです。インプラントを長持ちさせるためには毎日の口腔ケアが欠かせません。

インプラント周囲炎の原因

また歯周病が生活習慣や全身疾患に影響されて進行するように、インプラント周囲炎もさまざまな要因に左右されます。喫煙習慣があると毛細血管が収縮しやすく、血流が阻害されるので、歯ぐきの健康を保つことが難しくなります。歯周病もインプラント周囲炎も感染症なので、全身の免疫力が弱まると発症しやすくなり、進行していくのです。また糖尿病と歯周病には密接な関連が指摘されていて、悪化するときはどちらも悪化の傾向を示し、症状がよくなるとどちらもよい傾向を示すといわれています。

インプラント周囲炎の症状
健康な状態

健康な状態

歯ぐきが健康で歯周ポケットがありません。

軽度のインプラント周囲炎

軽度のインプラント周囲炎

インプラントのまわりの歯ぐきに腫れや出血が見られます。歯ぐきの退縮がはじまります。

進行したインプラント周囲炎

進行したインプラント周囲炎

インプラントを支える顎の骨が溶け出し、歯周ポケットが深くなります。やがてインプラントを支えきれなくなります。

インプラント周囲炎を予防するには歯周病専門医のケアが重要です

インプラント周囲炎を予防するには

インプラントを入れたからと言って安心はできません。長持ちさせるため、毎日の丁寧な歯みがきによるセルフケアに加え、定期的な歯科医院でのメインテナンスが欠かせません。当院の院長は、歯周病専門医とインプラント専修医の両方の資格を持っています。歯周病とインプラント両方の専門的な知識を持っているため、周囲炎予防のための的確なアドバイスをいたします。気になることがありましたらお気軽にご相談ください。